お名前シール

入学時の忙しい時期の名前書きにはお名前シールの活用が必須!

● SITE MAP ●

入園準備で最初に買うべし

メガホンを持つ子供

去年息子が幼稚園に入り、お名前シールが大活躍しました。最初はすべて手書きのつもりでしたが、入園に必要な道具を並べてみてその量の多さに驚いた方も多いと思います。制服やカバンや肌着など身につけるものから、はさみやクレパスなど幼稚園で使うものから、お弁当箱やおはしまで。他のママ達はどうしてるのだろうと調べてみると、お名前シールなどというものがあると初めて知りました。※ママ友がいるわけではないので、インターネットです。
動物やお花や乗り物などいろんなマークがあり、息子の大好きな新幹線もあったので即注文。まだひらがなが読めなくてもマークで自分のものだと分かるので取り違えもなくなるし、子供はすぐ汚すので丸洗い可能な撥水タイプです。洗濯しても大丈夫なアイロンで貼るタイプもあります。郵便ですぐ届くので早速いろんなものに貼りました。かなりの時間短縮になり、その分他のことに時間を使えるので貴重ですよね。
入園準備に使って余ったら年中・年長になっても使えるし、小学校の入学準備にも絶対重宝すること間違いないので、その時はまた注文します。小学校の入学となると、大量の教科書があります。それ以外でも入学時は忙しいので、お名前シール大活躍は必至です。どうやらそのショップの店長さんも子育て中の主婦らしくて、さすが目のつけどころが違うなと思いました。

お名前シールってこんなに種類があるの?

最近のお名前シールはホントに種類が沢山あります。布にはるアイロンがけタイプのお名前シールや、お箸やお弁当箱に貼るお名前シールは防水だったり、小さいお子さまにはマークが描いているものだったりと使う場所に合わせて大きさや素材もいろいろです。年明けくらいから新年度準備に向けてネットでも結構はんばいされています。名前を入力して注文するといろんなところにペタペタ貼れるシールは3日ほどで出来上がってきたりします。
縦書きのものや横書きのものをいろんなバージョンで作製されていますので用途に合わせて使えます。特に小学校入学となると、入学時に揃えるものが多くなり、おはじきなど小さい小物に名前を書かなくてはいけないので、シールがあるとはかどります。クレヨンやクーピー、入学時必須の体操服やハンカチ、ポケットティシュなどありとあらゆるものに名前を書かなくてはいけないので、素材に合わせて貼ることのできるお名前シールは子どもを持つ親にとっては必需品といっても過言ではありません。
使ってみるとわかるのですが、しっかりと貼れて剥がれにくくできていて、剥がそうと思ったらきれいにとてるといった優れたシールもあります。子どもをもってシールを初めて購入するときに種類の多さに驚きました。たくさんの種類の中から、用途に合わせて選んでいくのは大変ではありますが、一度貼ったら長く使えるので、口コミなどを見ながら子どもの成長に合わせて購入できるのは楽しみでもあります。

こんなにもお名前シールは便利です

お名前シールは子育てママには必需品だと思います。こどもが入園する前に買いました。私が買ったものは防水のもので、お弁当箱や水筒にも貼ることができます。靴にも貼ることができます。なんど洗っても、剥がれないので素晴らしい商品だと思います。お名前シールでフェルトのような生地が浮き出るタイプのものも買いました。これは、衣類などに使っています。ぷっくりとなっていてかわいいです。
靴下などは、すぐにお名前スタンプが消えてしまうので、アイロンでつけるこのぷっくりしたタイプが重宝します。お名前シールの防水タイプはデザインもかわいいです。種類も豊富で書体も豊富。さらに、様々なシールのサイズが1シートにぎっしりプリントされています。四年は持ちました。お得ですよね。
ひらがな対応もあり、大活躍しています。幼稚園でのクレパスや、絵の具などにも、ペタペタ貼ることができるので、描きにくい場所でもさっさと貼ることができ、余計な時間がかかりません。お名前シールを使っていない人はもう子育てママにはいないのではないかと思うほどです。私がこどもの頃は、母親が小さなものまで名前を書いてくれていましたが、時代を感じたのを覚えています。今後、小学校入学、中学校入学、高校入学は必要ないかもですが、まだまだ重宝させて頂きます!

● PICK UP ●

TOP